南富良野大乗会 > 大乗会について > 沿革

沿革


1980(昭和55)年 11月社会福祉法人 南富良野大乗会、法人設立登記
1981(昭和56)年 4月からまつ園(更生施設)定員50名で事業開始
1985(昭和60)年 4月からまつ園、定員を80名に変更
1987(昭和62)年 4月からまつ園、定員を87名に変更
1989(平成 元)年 4月こざくら園(授産施設)定員50名で事業開始
1997(平成 9 )年 4月からまつ園、定員を117名(ショートステイ2名)に変更
2001(平成13)年 10月GH「ぴあ」入居者4名で事業開始
2004(平成16)年 4月からまつ園・こざくら園、通所事業(定員5名)を開始
2005(平成17)年 4月地域在宅支援センター「ぽぴー」を開設
からまつ園、定員を115名に変更
2006(平成18)年 4月からまつ園、定員を113名に変更
こざくら園、定員を48名に変更
2006(平成18)年 10月共同生活援助・共同生活介護介護事業所ぴあ(一体型5ホーム定員23名)自立支援法化の新体系で事業開始
2007(平成19)年 4月障がい者福祉サービス事業なんぷ〜香房
(就労継続支援B型14名、就労移行支援6名)定員20名で事業開始
共同生活援助・共同生活介護事業所ぴあを6ホーム定員29名に変更
2008(平成20)年 5月特別養護老人ホームふくしあ、定員50名、ショートステイ空床型で事業開始
2009(平成21)年 6月障がい福祉サービス事業なんぷ〜香房定員を26名に変更
(就労継続B型20名、就労移行6名)
2010(平成22)年 4月町営の特別養護老人ホーム一味園(定員50名、ショートステイ8名)を法人へ移管
2011(平成23)年 3月共同生活援助・共同生活介護事業所ぴあを7ホーム定員35名に変更
2011(平成23)年 4月障がい福祉サービス事業なんぷ〜香房、定員を30名に変更(就労継続B型)
2012(平成24)年 4月からまつ園、施設の一部を改築。自立支援法下の新体系で事業開始
(生活介護・施設入所支援:定員100名)
こざくら園、施設の一部を改修。自立支援法下の新体系で事業開始
(生活介護・施設入所支援:定員40名)
共同生活援助・共同生活介護事業所ぴあを8ホーム定員39名に変更

ページ先頭へ